2014年10月

 追記
 
2014年11月1日
 
画像を一部追加しました
 
 
 
皆さんこんにちは。
 
ここ最近投稿できず、申し訳ありません。
 
色々時間が合わなかったんです本当に。
 
昨日は、公文の国語が、最終教材終わったのでインタビューを受けてました。
 
そういえば、30MBの掲載ができるようになったんですね。
 
すごいです。
 
 
 
 
 
 
今回は、大阪線の車両が主に走行する、
 
高安検車区所属の車両数まとめです。
 
なお、大阪線の車両は明星所属も一部ありますが、
 
明星所属については、名古屋・大阪線両線走行車として扱いますので、
 
事実上、大阪線単独所属は、高安所属だけとして扱います。
 
 
 
イメージ 1
 
22000系(番号の識別ができません。)
 
2連が高安所属で一部あるようです。
 
2×3=6
 
6両
 
イメージ 2
 
22600系(同様)
 
2×2=4
 
4×2=8
 
12両
 
 
イメージ 3
 
黄色塗装
 
イメージ 4
 
赤塗装
 
 
イメージ 5
 
旧塗装
 
これだと分からないと思うので、
 
 
イメージ 6
 
走行時の写真
 
 
23000系
 
6×6=36
 
36両
 
 
 
イメージ 7
 
50000系
 
6×3=18
 
18両
 
 
 
 
 
 
イメージ 28
1220系
 
 2×3=6
 
6両
 
 
 
イメージ 8
 
1253系
 
2×5=10
 
10両
 
 
イメージ 9
 
1254系
 
2×1=2
 
2両
 
 
1400系
 
なぜか鉢合うのは明星所属の1507だけで、高安所属の写真は無いです。
 
4×3=12
 
12両
 
 
 
イメージ 10
 
1420系
 
2×1=2
 
2両
 
 
 
イメージ 11
 
1422系
 
2×6=12
 
12両
 
 
 
1430系
 
高安所属の写真はありません
 
 
2×2=4
 
4両
 
 
 
1435系
 
写真はありません
 
2×1=2
 
2両
 
 
イメージ 12
 
1436系
 
2×1=2
 
2両
 
 
イメージ 13
 
1437系
 
2×6=12
 
12両
 
 
 
イメージ 14
 
1620系
 
4×5=20
 
6×1=6
 
26両
 
 
 
 
イメージ 15
2両編成
 
 
イメージ 16
 
4両編成
 
 
2410系
 
4×2=8
 
2×18=36
 
44両
 
 
 
イメージ 17
 
3両編成
 
 
 
イメージ 18
 
4両編成
 
 
 
イメージ 19
 
2両編成
 
2430系
 
2×4=8
 
4×4=16(内2編成の1両は1810系)
 
3×4=12
 
36両
 
 
イメージ 20
 
2800系
 
4×5=20
 
20両
 
 
 
イメージ 21
 
DF13
 
 
イメージ 22
 
DF11
 
5800系
 
6×2=12
 
12両
 
 
イメージ 23
 
DF51
 
 
イメージ 24
 
DF52
 
5820系
 
6×2=12
 
12両
 
 
8810系
 
高安所属は8812の1本のみ
 
写真はありません
 
4×1=4
 
4両
 
 
9020系
 
9051のみ
 
写真はありません(乗車経験はあります)
 
2×1=2
 
2両
 
 
イメージ 25
 
9200系
 
4×3=12
 
12両
 
 
 
15200系
 
どれがどうなのか判別がつかないです。
 
あるサイトを見ても
 
 
イメージ 26
 
 
これではないかと言う予想しかつかないです。
 
 
4×2=8
 
2×1=2
 
10両
 
 
 
2680系
 
写真はありません
 
3×1=3
 
3両
 
 
 
イメージ 27
 
20000系
 
4×1=4
 
4両
 
 
 
 
以上を合計するとですね・・・・。
 
 
321両です。
 
事業用を入れて323両
 
伊賀鉄道の車両を含めると333両です。
 
 
西大寺よりは少ないですが、それでも規模の大きさが伺えますね。
 
 
今回は、ここまでです。
 
次回は、明星所属の車両数まとめです。
 
最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

今回は、西大寺所属の車両まとめです。
 
 
イメージ 1
 
22000系(番号から暫定的に判断)
 
4×6=24
 
24両
 
 
イメージ 2
 
22600系(写真の4連は所属先が判明していません。コメントください。
 
     それまでは、知恵袋で見た上で判断したものを掲載します。
 
     この編成は、阪神乗り入れ改造車両です。)
 
2×3=6
 
6両
 
 
 
イメージ 3
 
30000系
 
4×15=60
 
60両
 
 
 
1021系
 
写真はありません。
 
4×5=20
 
20両
 
 
イメージ 4
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
1026系
 
 
6×4=24
 
4×1=4
 
28両
 
 
1031系
 
写真はありません
 
4×4=16
 
16両
 
 
イメージ 6
 
1233系(機器配列とぼやける番号から判断)
 
2×6=12
 
12両
 
 
 
1249系
 
写真はありません
 
2×3=6
 
6両
 
 
イメージ 7
 
 
1252系
 
2×6=12
 
12両
 
 
 
イメージ 8
 
3200系
 
6×7=42
 
42両
 
 
イメージ 9
 
右側
 
3220系
 
6×3=18
 
18両
 
 
イメージ 10
 
5800系
 
6×5=30
 
30両
 
 
イメージ 11
 
5820系
 
6×5=30
 
30両
 
 
8400系
 
西大寺所属の編成の写真はありません
 
3×7=21
 
21両
 
 
 
イメージ 12
 
右側
 
8600系
 
6×1(8619F)のみ
 
6両
 
 
イメージ 13
 
9820系
 
6×10=60
 
60両
 
 
と言うことで、現在の結果で算出すると、
 
所属数は、370両となります。
 
事業用のモト75形2両合わせると、374両です。
 
次回は、大阪線の車両が主に所属する、高安検車区の所属数まとめです。
 
 
 
 
 

今回から、近鉄の各所属区の車両数まとめです。
 
近鉄の所属車両区(近鉄では、検車区といいます。)は、
 
高安・白塚・富吉・古市・西大寺・東花園・明星です。
 
また、独立路線区の内部・八王子線は内部が所属です。(検査は塩浜)
 
養老鉄道も検査は塩浜で行います。伊賀鉄道も同様に塩浜で検査します。
 
それ以外の検査は名古屋・山田線の車両が塩浜
 
大阪・南大阪・京都・奈良線区は、五位堂で行います。
 
更新工事は現在はすべて五位堂・高安に集約済みです。
 
また、車庫の数もかなりのものです。
 
大阪線は、検車区のある高安、研修センターのある五位堂、名張、青山町。
 
奈良線は、先述のとおり東花園
 
京都線は、先述のとおり西大寺と、新田辺、宮津
 
名古屋線は、先述のとおり富吉、白塚、塩浜、米野
 
南大阪線は、古市、河内天美
 
吉野線は、六田
 
山田線は、明星
 
けいはんな線は東生駒の奥にこっそりとあります。
 
けいはんな線の車両も五位堂で検査しています。
 
橿原神宮前にも車庫が
 
それぞれあります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今回は、奈良線区の車両の所属する東花園検車区の車両数まとめです。
 
 
 
 
・東花園検車区
 
 
イメージ 1
 
8000系
 
4×7=28
 
3×2=6
 
34両
 
 
イメージ 2
 
8400系
 
4×6=24
 
24両
 
イメージ 3
 
8600系
 
4×20=80
 
80両
 
イメージ 4
 
8800系
 
4×2=8
 
8両
 
 
イメージ 5
 
8810系
 
4×13=52
 
52両
 
 
 
9200系
 
東花園所属編成の写真はありません。
 
4×1=4
 
4両
 
 
 
 
イメージ 6
 
1233系
 
2×5=10
 
10両
 
 
イメージ 7
 
1252系
 
2×7=14
 
14両
 
イメージ 8
 
9020系
 
2×19=38
 
38両
 
イメージ 9
12410系(番号照査の上で確認)
 
4×5=20
 
20両
 
イメージ 10
 
22000系(番号照査不能なため番号の見え具合で仮判断)
 
4×2=8
 
8両
 
 
 
 
東花園検車区には、
 
特急車両が28両
 
一般車両が264両
 
計292両が配置されています。
 
 
次回は、西大寺検車区の車両をご紹介致します。
 
 
 
 

今回は、
 
この前までやっていた、車両数のまとめの総合の結果です。
 
 
・近鉄電車
 
イメージ 1
 
 
 
イメージ 2
 
 
1944両(旅客車のみ)
 
(所属は高安・明星・西大寺・東花園・古市・富吉・内部など)
 
 
抵抗制御・・・761両
 
界磁チョッパ制御・・・118両
 
界磁位相制御・・・130両
 
GTO-VVVFインバータ制御・・・652両
 
IGBT-VVVFインバータ制御・・・260両
 
 
吊り掛け駆動車・・・14両
 
ケーブルカー・・・8両
 
 
 
 
 
 
 
 
阪急電車
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
1276両
 
抵抗制御・・・565両
 
界磁チョッパ制御・・・271両(あらかじめ述べておきますが
 
              7300系のVVVF改造施工編成は抜いてます
 
              *ただし、VVVF試験車はこれに入れています。)
 
GTO-VVVFインバータ制御・・・186両
 
IGBT-VVVFインバータ制御・・・240両(7300系の改造含む)
 
 
 
 
京阪電車
 
 
イメージ 5
 
 
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
イメージ 9
 
 
イメージ 8
 
 
イメージ 7
707両
 
界磁添加励磁制御・・・199両
 
界磁位相制御・・・275両
 
IGBT-VVVFインバータ制御・・・142両
 
GTO-VVVFインバータ制御・・・91両
 
 
 
 
阪神電車
 
 
イメージ 10
 
 
 
イメージ 11
 
イメージ 12
 
362両
 
抵抗制御・・・44両
 
界磁チョッパ制御・・・114両
 
電機子チョッパ制御・・・20両
 
IGBT-VVVFインバータ制御・・・118両
 
GTO-VVVFインバータ制御・・・66両
 
 
 
 
南海電車
 
イメージ 13
 
 
 
イメージ 14
 
 
 
イメージ 15
 
 
イメージ 16
 
 
668両
 
抵抗制御・・・374両
 
界磁チョッパ制御・・・44両
 
 
IGBT-VVVFインバータ制御・・・90両
 
GTO-VVVFインバータ制御・・・160両
 
 
合計すると、4957両となります。
 
 
そのうち、抵抗制御は、1744両(京阪電車は抵抗制御の在籍なし)
 
界磁添加励磁制御は199両(京阪電車のみ)
 
界磁位相制御は405両(京阪電車と近鉄電車のみ)
 
界磁チョッパ制御は547両(京阪電車は在籍なし)
 
電機子チョッパ制御は20両(阪神電車のみ)
 
IGBTーVVVFインバータ制御は850両(すべてあり)
 
GTO-VVVFインバータ制御は1155両(すべてあり)
 
吊り掛け駆動車が14両(近鉄電車のみ)
 
でした。
 
割合にして考えると
 
1位・・抵抗制御           約35.1%
 
 
2位・・GTO-VVVFインバータ制御   約23.3%
 
 
3位・・IGBT-VVVFインバータ制御   約17.1%
 
 
4位・・界磁チョッパ制御        約11.0%
 
5位・・界磁位相制御         約8.1%
 
6位・・界磁添加励磁制御       約4.0%
 
7位・・電機子チョッパ制御      約0.4%
 
8位・・吊り掛け駆動         約0.2%
 
 
でした。
 
 
 
 
 
会社別に考えると、
 
1位  近鉄  約39.2%
 
2位  阪急  約25.7%
 
3位  京阪  約14.2%
 
4位  南海  約13.4%
 
5位  阪神  約7.3%
 
となります。
 
 
これにて、まとめは終了です。
 
次回以降、
 
各関西私鉄の車両所の総合所属数まとめでもやります。
 
(所属車両所が複数あるところのみ)
 
 
最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

今回は、阪神電車と、阪神線に直通する山陽電鉄の車両数まとめです。
 
なお、近鉄に乗り入れを行っている1000系と9000系については、すでに車両数を
 
算出しているので、合計で組むときにのみ使用します。
 
今回は事実上、出番なしです。
 
イメージ 1
 
非リニューアル編成
 
イメージ 2
 
リニューアル済み編成
 
 
イメージ 3
 
LED幕化改造施工編成
 
8000系
 
界磁チョッパ制御
 
除籍扱いになっているのは、
 
阪神淡路大震災における被災編成のうち、
 
8001Fの8001・8101・8202(残った車両は8223Fの8023・8123と新製車両
       
              の8523と連結の上で8523Fへ改称)
 
 
8213Fの8113・8014・8114
 
8217Fの8217・8017(復旧した8213Fの8213・8013と8217Fの
 
          8118・8018・8218・8117を組み込み、8213Fへ)
 
8221Fの8222(8213Fの8214を組み込んで8221Fへ)
 
8223Fの8223・8124・8024・8224(8001Fを読んでください。)
 
8235Fの8036・8236(新製の8336と8536を組み込んで8235Fへ)
 
の合計15両 
 
()は、これに変わる代替車両および組成変更
 
 
 
 
6×19=114(新製3両を含む)
 
 
114両
 
 
 
イメージ 4
 
9300系
 
IGBT-VVVFインバータ制御
 
 
6×3=18
 
18両
 
 
7890形
 
写真はありません
 
抵抗制御
 
2×1=2
 
2両
 
 
 
 
7861・7961形
 
写真はありません
 
抵抗制御
 
2×3=6
 
10両
 
 
イメージ 5
 
5500系
 
GTO-VVVFインバータ制御
 
4×9=36
 
36両
 
5550系
 
IGBT-VVVFインバータ制御
 
判明しているのは
 
4×1=4
 
の4両のみです。
 
訂正あればご指摘、よろしくお願いします。
 
 
 
イメージ 6
 
5331形
 
除籍数は
 
阪神淡路大震災による被災により大きな被害を受けた
 
5335Fの5337と5338(5335と5336は後述の5143Fの5339・5340を組み込み
 
           5335Fへ)
 
 
と、
 
5143Fの相方の5313と5314の計4両
 
 
電機子チョッパ制御
 
4×2=8
 
8両
 
 
 
イメージ 7
 
5131形
 
電機子チョッパ制御
 
除籍数は
 
5143Fの2両
 
4×3=12
 
12両
 
 
イメージ 8
 
5001形
 
抵抗制御
 
4×8=32
 
32両
 
 
 
 
上記をあわせると、
 
合計236両
 
近鉄乗り入れの126両をあわせると、362両です。
 
うち、抵抗制御が44両
 
界磁チョッパ制御が114両
 
電機子チョッパ制御が20両
 
IGBT-VVVFインバータ制御が118両
 
GTO-VVVFインバータ制御が66両
 
でした。
 
 
割合にあらわすと、
 
 
近鉄乗り入れ対応している車両が、約34.8%
 
乗り入れに対応しない車両が約65.1%
 
抵抗制御が約12.1%
 
界磁チョッパ制御が約31.4%
 
電機子チョッパ制御が約5.5%
 
IGBT-VVVFインバータ制御が約32.5%
 
GTO-VVVFインバータ制御が約18.2%
 
と言う結果となりました。
 
 
 
一方、山陽電車のほうは・・・・
 
 
 
イメージ 9
 
5000系
 
界磁添加励磁制御
 
6×6=36
 
5030系組み込み
 
4×4=16
 
4連
 
4×2=8
 
合計すると、
 
60両
 
 
 
イメージ 10
5030系
 
IGBT-VVVFインバータ制御
 
6×2=12
 
5000系組み込み
 
2×4=8
 
20両
 
 
 
イメージ 11
 
3000系
 
抵抗制御
 
3×14=42
 
4×2=8
 
50両
 
 
イメージ 12
 
鋼製車
 
 
 
イメージ 13
 
アルミ車
 
 
3050系
 
抵抗制御
 
4×15=60
 
3×1=3
 
63両
 
 
 
3200系
 
 
写真はありません
 
抵抗制御
 
3×6=18
 
 
18両
 
 
合計すると、211両です。
 
うち、抵抗制御は131両
 
界磁添加励磁制御は60両
 
IGBT-VVVFインバータ制御は20両
 
でした。
 
割合にすると、
 
抵抗制御は約62.0%
 
界磁添加励磁制御は約28.4%
 
IGBT-VVVFインバータ制御は約9.4%
 
でした。
 
 
これで、山陽電車および、阪神電車の車両数まとめを終わります。
 
 
 
 
 
 
 
 

今回は、本線を走る車両の在籍数まとめです。
 
7000系は徐々に数を減らしており、
 
撮影している編成も既に廃車されています。
 
また、いつ廃車されてもおかしく無いので、
 
これが絶対とは限らないのでご了承ください。
 
 
イメージ 1
 
左端が7000系です。
 
超多段式バーニア抵抗制御
 
なお、編成番号は、拡大すると、7017編成でした。
 
2014年に廃車された模様です。
 
これを含めた除籍数は、
 
4×13=52
 
2×8=16
 
68両です。
 
 
判明分では、4×4=16
 
2×3=6
 
の22両が在籍していることになっていますが、
 
8000系の増備により、これが異なっていることもありますので、訂正があれば、
 
またコメントをよろしくお願いします。
 
 
 
右端は8000系です。
 
IGBT-VVVFインバータ制御
 
現在のところ、4×13=52で
 
52両が所属しています。
 
 
ただし、これからまた製造数が増えるので、訂正あればまたコメントを
 
お願いします。
 
 
中央の1000系
 
GTO-VVVFインバータ制御
 
住ノ江所属は、
 
6×6=36
 
4×1=4
 
2×2=4
 
44両
 
 
イメージ 2
 
9000系
 
界磁チョッパ制御(ベースはバーニア抵抗制御)
 
4×5=20
 
6×2=12
 
32両
 
イメージ 3
 
10000系
 
超多段式バーニア抵抗制御
 
除籍8両
 
4×5=20
 
20両
 
 
イメージ 4
 
7100系
 
超多段式バーニア抵抗制御
 
除籍数は住ノ江の事故廃車2両と
 
非冷房の未更新で、廃車となった36両の、
 
38両
 
4×19=76
 
2×19=38
 
114両
 
イメージ 5
 
50000系
 
GTO-VVVFインバータ制御
 
6×6=36
 
36両
 
 
イメージ 6
 
12000系
 
IGBT-VVVFインバータ制御
 
今のところ、4かける2=8
 
8両
 
 
イメージ 7
 
 
2230系ですが、写真が無いため、和歌山鉄道に譲渡された2270系が同じグループ
 
ですので、2270系で代用します。
 
そのため、今は系列が違う和歌山電鉄の2270系の本数もカウントします。
 
なお、天空に改造された2203-2253についてはカウントしません。
 
いずれも抵抗制御
 
 
2×5=10
 
南海電鉄内には10両が、
 
 
2×6=12
 
和歌山電鉄には12両が在籍しています。
 
 
 
 
そのため、南海電鉄の支線・本線内には、338両。
 
合計668両が所属しています。
 
本線・支線区には、
 
抵抗制御が、バーニアも含めて、166両
 
界磁チョッパ制御が、32両
 
IGBT-VVVFインバータ制御が、60両
 
GTO-VVVFインバータ制御が80両の所属です。
 
これを前回の高野線とあわした総合の数は、
 
抵抗制御は、バーニア含め、374両
 
界磁チョッパが、44両
 
GTO-VVVFインバータ制御が160両
 
IGBT-VVVFインバータ制御が90両
 
の所属です。
 
やはり、抵抗制御が多く残っているのが特徴です。
 
割合にまとめると、
 
抵抗制御が、約55.9%
 
界磁チョッパ制御が、約6.5%
 
GTO-VVVFインバータ制御が、約23.9%
 
IGBT-VVVFインバータ制御が、約13.4%
 
となりました。
 
 
次回は、阪神車両の車両数まとめをしようと思います。
 
最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

今回は、
 
南海電車の車両数のまとめです。
 
まずは、高野線からです。
 
 
イメージ 1
 
 
6000系
 
抵抗制御
 
4×11=44
 
2×14=28
 
72両
 
 
イメージ 2
 
IGBT改造
 
イメージ 3
 
非改造
 
6200系
 
抵抗制御およびIGBT-VVVFインバータ制御
 
抵抗制御は6×7=42
 
IGBT-VVVFインバータ制御は4×4=16
 
58両
 
ただし、6200系でIGBT-VVVFインバータ制御に改造された編成は
 
6200系50番台へと変更され、
 
8200系グループと同一とされています。
 
そのため、8200系の写真はありませんが、ここに8200系も掲載します。
 
 
 
8200系
 
界磁チョッパ制御
 
IGBT-VVVFインバータ制御(元8703Fのみ)
 
6×2=12(界磁チョッパ)
 
6×1=6(IGBT-VVVFインバータ制御)
 
18両。
 
そして、6200系50番台の16両をあわせて、
 
34両となります。
 
 
 
事実上、6200系は58両にはなっていますが、
 
IGBT改造化された編成は、8200系と同等の扱いとします。
 
 
そのため、原型の6200系は42両です。
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
6300系
 
抵抗制御
 
6×8=48
 
4×4=16
 
2×6=12
 
76両
 
 
イメージ 5
 
1000系
 
GTO-VVVFインバータ制御
 
高野所属は
 
6×4=28
 
2×4=8
 
 
 
36両
 
 
 
イメージ 6
 
2208系
 
抵抗制御
 
2×1=2
 
2両
 
 
イメージ 7
 
2000系
 
GTO-VVVFインバータ制御
 
高野所属は
 
2×12=24
 
4×5=20
 
44両
 
イメージ 8
 
2300系
 
IGBT-VVVFインバータ制御
 
2×4=8
 
8両
 
 
イメージ 9
 
11000系
 
抵抗制御
 
4×1=4
 
 
4両
 
 
イメージ 10
 
30000系
 
抵抗制御
 
4×2=8
 
8両
 
イメージ 11
 
31000系
 
抵抗制御
 
4×1=4
 
4両
 
 
 
 
 
高野線区についてはここまでです。
 
南海本線については、次回にやります。
 
高野線区ですが、合計すると、330両。
 
うち抵抗制御が、208両
 
界磁チョッパ制御が12両
 
IGBT-VVVFインバータ制御が30両
 
GTO-VVVFインバータ制御が80両
 
となりました。
 
では、また今度。
 
 
 
 
 
 
 

ちょっと時間の都合でこれやります。
 
後、アニメ成分が多いのでご了承ください。
 
まどマギ編1
 
 
イメージ 1
 
5001形、君はその魂を対価にして何を願う?
 
 
イメージ 2
 
私は・・・・
 
 
イメージ 3
 
その必要は無いわ
 
 
 
 
 
 
日常編
 
 
 
イメージ 4
 
ねえ5800系、これって、
 
 
イメージ 5
 
ん、阪急だよ。
 
 
イメージ 6
 
 
 
イメージ 7
 
私が乗りたいのって・・・・
 
イメージ 8
 
え、阪急でしょ?
 
 
 
イメージ 9
 
阪神だよ!!
 
 
イメージ 10
 
えええええぇぇ!!
 
 
 
 
 
 
 
分かる人にはわかると思います。
 
はい。
 
今回はここまでです。
 
グダグダ過ぎてすみません。
 
 
最後までご覧いただきましてありがとうございました。
 
 
 

今回より、
 
京阪車両の編成数まとめをするのですが、
 
今回は、撮影できていない系列があるかもしれません。
 
ご了承ください。
 
 
まずは、京津線・石坂線の車両まとめです。
 
 
イメージ 1
 
中二病でも恋がしたい! ラッピング編成
 
600形
 
界磁位相制御
 
2×10=20
 
20両
 
 
イメージ 2
 
700形
 
界磁位相制御
 
2×5=10
 
10両
 
 
イメージ 3
 
800系
 
IGBT-VVVFインバータ制御
 
4×8=32
 
32両
 
 
 
よって、京津・石坂線には、32+10+20=62両の車両がいます。
 
ここからは本線系統です。
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
8000系
 
界磁位相制御
 
8×10=80
 
80両
 
 
 
イメージ 5
 
3000系(2代目)
 
 
IGBT-VVVFインバータ制御
 
8×6=48
 
48両
 
 
イメージ 6
 
7000系
 
GTO-VVVFインバータ制御
 
7×4=28
 
28両
 
 
 
イメージ 7
 
8両車
 
 
イメージ 8
 
7両車
 
 
6000系
 
界磁位相制御
 
判明時点で
 
8×12=96
 
7×2=14
 
110両ですが、
 
7×2となっている6001Fと6004Fの中間車1両ずつを足して、
 
112両が在籍しています。
 
イメージ 9
 
7200系
 
GTO-VVVFインバータ制御
 
8×2=16
 
7×1=7
 
23両
 
 
 
 
9000系
 
 
写真はありません
 
 
GTO-VVVFインバータ制御
 
 
8×5=40
 
 
40両
 
 
 
10000系
 
 
写真ありません
 
IGBT-VVVFインバータ制御
 
 
4×6=24
 
24両
 
 
 
 
イメージ 10
 
13000系
 
IGBT-VVVFインバータ制御
 
現時点
 
4×6=24
 
7×2=14
 
38両
 
イメージ 11
 
写真は旧塗装
 
1000系
 
界磁添加励磁制御
 
7×6=42
 
42両
 
イメージ 12
2200系
 
界磁添加励磁制御
 
 
7×9=63
 
突発的に8連化する時用に
 
2381~2383
 
66両(公式との事。)
 
イメージ 13
 
2400系
 
界磁添加励磁制御
 
7×6=42
 
42両
 
 
イメージ 14
 
2600系
 
界磁位相制御
 
判明分で
 
7×7=49
 
4×1=4
 
53両
 
 
イメージ 15
 
写真は二代目5554号(初代は置石脱線により廃車)
 
 
 
5000系
 
界磁添加励磁制御
 
 
7×7=49
 
49両
 
 
 
以上をまとめると、
 
 
本線系統には、645両
 
京津系統の62両とあわせると、
 
707両在籍しています。
 
 
このうち、界磁添加励磁制御が199両
 
     界磁位相制御が  275両
 
 
    IGBT-VVVFインバータ制御が
 
              142両
 
     GTO-VVVFインバータ制御が
 
              91両
 
 
です。
 
 
割合にすると、
 
界磁位相制御は約38.8%
 
界磁添加励磁制御は約28.1%
 
IGBT-VVVFインバータ制御は約20.0%
 
GTO-VVVFインバータ制御は約12.8%
 
となります。
 
 
また、京阪電車のワンハンドル車は、8000系のみです。
 
ツーハンドルの割合は、
 
707-80=627
 
627÷707=約88.6%
 
ワンハンドル車は
 
80÷707=約11.3%
 
となりました。
 
 
これで、京阪電車の車両数まとめを終了いたします。
 
次は、南海の車両数まとめでもしたいと思います。
 
 
 
 
最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。              
 
              
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

今回は、まだ紹介し切れていない系列すべてです。
 
 
イメージ 1
 
3200系 
 
GTO-VVVFインバータ制御
 
6×7=42
 
42両
 
 
イメージ 2
 
奈良線所属仕様
 
 
イメージ 3
 
大阪線所属仕様
 
イメージ 4
 
名古屋線所属仕様
 
5800系
 
GTOーVVVFインバータ制御
 
6×7=42
 
4×1=4
 
46両
 
 
イメージ 5
 
富吉所属
 
 
イメージ 6
 
明星所属
 
 
5200系
 
GTO-VVVFインバータ制御
 
4×8=32
 
32両
 
5209系
 
写真なし
 
GTO-VVVFインバータ制御
 
4×2=8
 
8両
 
 
イメージ 7
 
5211系
 
GTO-VVVFインバータ制御
 
4×3=12
 
12両
 
 
イメージ 8
 
3220系
 
IGBT-VVVFインバータ制御
 
6×3=18
 
18両
 
 
イメージ 9
 
奈良線所属
 
イメージ 10
 
大阪線所属
 
5820系
 
IGBT-VVVFインバータ制御
 
6×7=42
 
42両
 
 
イメージ 11
 
奈良線所属
 
 
大阪線所属も1本あります。
 
9020系
 
IGBT-VVVFインバータ制御
 
 
2×20=40
 
40両
 
 
 
イメージ 12
 
9820系
 
IGBT-VVVFインバータ制御
 
6×10=60
 
60両
 
 
6400系
 
写真なし
 
GTO-VVVFインバータ制御
 
2×6=12
 
12両
 
 
イメージ 13
 
6407系
 
GTO-VVVFインバータ制御
 
2×6=12
 
12両
 
 
イメージ 14
 
6413系
 
GTO-VVVFインバータ制御
 
2×6=12
 
12両
 
 
イメージ 15
 
右端:6419系
 
GTO-VVVFインバータ制御
 
2×3=6
 
6両
 
左端:6820系
 
IGBT-VVVFインバータ制御(南大阪線の一般車では唯一)
 
2×2=4
 
4両
 
 
6422系
 
写真なし
 
GTO-VVVFインバータ制御
 
2×2=4
 
4両
 
 
イメージ 16
 
左:6432系
 
GTO-VVVFインバータ制御
 
2×10=20
 
20両
 
 
右:6620系
 
GTO-VVVFインバータ制御
 
4×7=28
 
28両
 
イメージ 17
 
中央にご注目
 
7000・7020系
 
 
GTO-VVVFとIGBTーVVVFインバータ制御ともにあり。
 
IGBTについては、判明分は7020と7000の1編成の30両が搭載
 
7000系は
 
6×9=54
 
54両
 
7020系は
 
6×4=24
 
 
24両
 
 
以上を合計すると、476両です。
 
これをこの前の記事の両数と照らし合わせると、
 
 
234+476=710
 
VVVF車は、
 
710両が在籍しています。
 
うち、IGBT車は、194両
 
GTO車は、516両です。
 
 
 
 
近鉄グループの、一般型の両数は、
 
710+249+459=1418
 
となります。
 
割合にすると、
 
IGBT車は約13.6%
 
GTO車は約36.3%
 
界磁位相車は約9.2%
 
界磁チョッパ車は約8.3%
 
抵抗車は約32.3%
 
 
となりました。
 
この結果に特急車を加えると、1418+476=1894両
 
GTO車は136+516=652・・・・約34.4%
 
IGBT車は66+194=260・・・・約13.7%
 
界磁位相車は車両数に変動無・・約6.9%
 
界磁チョッパも同様・・・・・・約6.2%
 
抵抗車は459+274=733・・・・約38.7%
 
となります。
 
まとめとしては、後一回あります。
 
何かと言うと、
 
事業用および特殊軌道路線・養老・伊賀鉄道・三岐鉄道北勢線の車両数まとめ
 
です。
 
次回を持って、この番外編も終了です。
 
 
乞うご期待。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

↑このページのトップヘ