カテゴリ: 日記

巷で緊急事態宣言の発出及び自粛が医療崩壊を何とか防いだと話題の
新型コロナウイルス。

この医療崩壊に関して考えてみます。

まずは単語を分けて調べてみましょう。


医療…医術による治療を受けること
崩壊…こわれること

*出典:学研現代新国語辞典


つまり、医術による治療等が受けられなくなることが
医療崩壊のそもそもの意味です。




この医療崩壊、人々によって受け取られ方が違います。


IMG_9039


大半の国民は、1月から2月にかけてのイタリア北部やニューヨーク州のように、
病院の廊下に大量の病床があふれ、その結果死傷者が多発するというように考えています。
これは特に朝のワイドショー等で報じられ、一時期は管理人自身も恐怖感を覚えました。

IMG_9029


一方、一部の方は、医療崩壊を必要な医療行為を受けるのを躊躇、あるいは病院の
判断により受けられない結果、コロナウイルス以外での死者が数多く増えてしまうと
いうように考えています。


現在の私自身の立場としては後者の考え方が強いという前提の下で話を進めます。
*以前は自粛はすべきという考え方でした。後々実データを見るにつれて
現在に至ります。


そもそも必要な医療行為を自粛するのでしょうか?

これは新型コロナウイルスの感染症法の規定が関わっています。

新型コロナウイルス感染症は今年の1月末、感染症法第7条の規定により
少なくとも1年間(場合によっては1年間以内の延長、或いは短縮も可能)、
「指定感染症」として、第2類感染症に準ずる扱いを受けています。


感染症にも第1~5類が存在し、特に馴染のあるインフルエンザ感染症は
第5類感染症として、普通の町医者でも受診が可能なものです。


一方第1・2類クラスになってくると検査・入院隔離等を専用施設
(感染症指定医療機関といえば伝わりやすいかと思います)等で行う必要性が出てきます。

特に入院に関しては感染症法第19・20条に規定されているものです。
但しやむを得ない事情がある場合に限り、それ以外での入院・隔離等が可能とされています。
宿泊施設での療養がそれにあたります。


この第1・2類指定感染症はかなり致死率が高いもので、代表例としてはエボラ出血熱、
結核、SARS、MERSなどが挙げられます。



しかし、これだけでは必要な医療行為を躊躇する理由は見当たりません。
それに一役買ってくれたのがテレビのワイドショーです。



IMG_9054

ワイドショーは便利なもので、殆どその道とは関係のない、言論だけは
説得力があるコメンテーターを招聘し、そして国内外における深刻な映像を
放映し、コメンテーターがそれに不安を煽るようなコメントをするだけで
多くの国民を恐怖感に陥れることができます。

しかも物事を全体としてとらえるのではなく、一部だけを切り取って
(ここでは病床が病棟の廊下にまであふれる状況)それが全体の
状況となるように印象付けることができるのもワイドショー特有の
強さと言えるでしょう。


勿論、ワイドショーの全てがそうとは言いませんし、内容によっては
物事を考えるうえでも参考になるものもあります。


しかし、コロナウイルス感染症関連ではほぼ上述のような形になりました。

そしてそれに追随する形での外出自粛要請。
勿論これは国内の感染者が増加傾向にあったがための措置であることは承知であったため、
不満は残りますが成功・失敗に関しては明言しませんが。


結果多くの国民が

「新型コロナにだけは罹患したくない」
「罹患したら必ず死ぬ」
「病院では面倒を見切れなくなる」


というように新型コロナそのものに対する恐怖感に駆られ、
外出そのものを控えるようになりました。


これにより必要な医療行為の自粛
(予防接種の減少など。厚労省や日本小児医学会は接種を推奨していますが)にも
つながりました。
*もちろんこれのおかげで不用意な受診が減少したことはいいことではありますが



実際、小児科医院などでは病院経営が圧迫されているという話も流れています。


これは平成31年時点でのデータ(厚労省公表)ですが、

普通の病院の数は8327(有床診療所を除く)で、
感染症指定医療機関は特定・第1種・第2種合わせて410。
これは普通の病院に対して約5%の割合です(ほとんどの人は恐らくここが満床になり
新型コロナの治療が受けられない→医療崩壊という捉え方ではないかと推測します)。

*病床の数はコロナ関連で増床され、5月時点で約16,500床まで増床


新型コロナウイルスでは一部の例外を除いて指定医療機関以外での
入院はできない(もしかしたら増床分で指定医療機関以外も使用しているのかもしれませんが)こと、
コロナウイルスに対する恐怖感からの受診控え、これが大元にあると言われています。


この状況が続くと、診療所の経営破綻に繋がりかねず、
結果として必要な医療行為そのものを受けられる場所が減少

その数が増えれば増えるほどそれは深刻に

新型コロナ以外での疾病による死者数の増加


よって医療崩壊に至る、というのが一部の方の考え方です。


新型コロナを回避することだけに意識が集中した結果、
必要な医療が受けられない事態になればそれこそ本末転倒だとは思いませんか?





また、よくよく調べてみると新型コロナウイルス感染症の主な症状は

発熱・空咳・倦怠感などであり、症状が重いと肺炎になるとのこと。


特に重くなりやすいのは

・生活習慣病(糖尿病・高血圧等)といった疾患を抱えている者
・高齢者

で、あくまで日本の中だけに限定すれば従来からあるヒトコロナウイルスが
深刻度を増したものと考えれば、過度に恐れる必要性というのは見当たりません。

従来のヒトコロナウイルスでも、特に高齢者は肺炎に悪化するケースは
よくあることです。


しかもこのウイルスの質が悪いところは、無自覚感染者(無症状)、軽症者が
大半を占めることです。原則としてこれらの患者に対しても隔離(自宅療養や
宿泊療養含む)されなければならないため、それだけでも病床は埋まります。



また、治療薬や有効なワクチンがないのもヒトコロナウイルスと共通しています。

これでも恐怖心を抱き続けますか?


一方、ウイルスを多数のものに伝播させるスーパースプレッターと呼ばれる者が
いることで感染拡大が起こることも示唆されており、その点で言えば注意するべき感染症
であるという考え方に至るのであればそれは決して間違ってないとも言います。



この注意を怠らない上で通常通りの生活を送ること
それこそが「withコロナ」ではないでしょうか?


その為には、この指定感染症という枠組みはどこかのタイミングで
解除、そして第5類指定感染症に区分する必要が出てきます。

より多くの情報を得て、コロナに対する考え方を改める。
それが本来、情報化社会に生きる私たちにできることではないでしょうか?
それをある程度具現化したのが新しい生活様式ではないかと思いますがどうでしょう?


にほんブログ村 大学生日記ブログ 文系大学生へ
にほんブログ村

↑クリックお願いします。





遂にブログにも出てきてしまったラブライブネタでございます。   

今回紹介するのは管理人が個人的に推してる
黒澤ルビィについて、何処が良いのかを
見ていきたいと思います(何番煎じェ)。


IMG_20191116_013946_819


まず彼女の特徴は、
現実から目を背けず成長しようとする姿勢を見せること。

Aqoursのメンバー全員に言えることですが、彼女の場合は特にその傾向が強いと考えます。1期7話で突きつけられた現実、あれから大きな成長を遂げたのは否定できません。

DSC_1523

それを決定づけたのは間違いなく2期8・9話において、自分のミスにより地区予選敗退を喫し、自暴自棄になりかけていた(姉に3年生の聖良がおり、この時点で引退)Saint Snowの鹿角理亞を1年生組の中でも率先して引き戻した場面、そして姉のダイヤとの会話の場面。

この2つに全てが詰まっているでしょう。

元々1期4話の時点でその片鱗は見え始めていましたが、この時点でほぼ確固たるものに
なったと思います。


まず何より自分の意志を明確にできるように
なったこと、
続いて姉のダイヤが卒業するという事実から目を背けるどころか自らそれを受け入れ、自分から自立しようと立ち上がったこと、


アニメ全体を通して感じたのは上記2点です。

まず1つ目は先程もある程度のことは書いてあるので、2つ目に関して少し詳しく。


Screenshot_20190816-093741

彼女の2つ上にダイヤという姉がいます。
彼女はかつて小原鞠莉、松浦果南の2人で
スクールアイドルユニットを組んでいましたが、ある件をきっかけとして解散。1期9話で
再度加入しました。

 しかしその時点で3年だったために、2期の時点で残されていたのはあと1度だけ。
それが終わると引退という状況です。

ルビィはこの姉を幼少期から慕っており、
できればもっと長い時間いて欲しい、
むしろ姉なしではどうにもならないかも
しれない、と不安な気持ちを吐露し、
涙を流します。

2期9話において函館で開催するイベントに
応募する時も上記を感じて言葉に詰まります。しかし、これ以上のワガママは姉のためにならない。姉の庇護の元に何時までも居れる訳では無い。

ここで遂に姉の「卒業」という事実を受け入れ、自立しなければならないことを自覚。
彼女の視線を見ればそれが確固たるもので
あると感じた方は非常に多かったと思います。


まだハマり始めて半年程度の新参者のため、
一通り見て感じたことを書くに留めましたが、これである程度は彼女の魅力が伝わったかと思います()

次回もし取り上げるとすれば、
今度は楽曲の方にスポットを当てたいと
思います。


お読みいただきありがとうございました。




↑クリックお願いします!


まずこの記事ですが、決して京急側の責任およびトラック運転手の責任を追及する
ものではなく、あくまで非常時の対応の大半を手動で行うことについて問題点を
指摘するものです。

件の事故で直接被害を被った方に対してお見舞い申し上げるとともに、
死亡されたトラック運転手に対してお悔やみ申し上げます。

負傷された方々の1日でも早い回復を祈念いたします。



2008 0903-1京急黄金町(1)17
*事故当該に類似した車両で代替

今回の事故は、青砥→三崎口へ向かう快特が、神奈川新町通過直後、横浜側にある
踏切で立ち往生していた大型トラックと衝突し、横浜方先頭から3両目までが脱線、
先頭車両が45度に傾斜したものです。

大型トラックは近隣の国道15号を、新町から横浜側に1駅行った仲木戸付近で離脱して北上?、
仲木戸から新町まで側道(狭路)を走行。件の踏切が通る道路との交差点で左折しようと
10~20分程度切り返したのち断念して踏切方向に右折。

そのあと何らかの原因で踏切内において立ち往生。非常停止ボタンが押され、
快特にも伝達され非常ブレーキを投入しましたが、間に合わず衝突しました。

これによりトラックが炎上。1両目の第3ドア付近を中心に
ステンレス車体の一部が焼けました。

幸いにも乗務員室が圧縮されるといった状況は発生せず、列車の乗務員、
乗客、周囲の住民に死者は発生しませんでした。

ステンレス車体ではありますが先頭車を電動車としていたこと、
運転台付近の車体強度をあらかじめ強くしていたこと、
衝突速度も非常ブレーキの投入によってある程度遅くなっていたこと、
さらに新町の西側に防護壁が設けられていることで脱線した車両、衝突されたトラック
双方が公道に出ることが無かったことが複合して、被害の拡大を防いだのが大きいです。


さてここでグーグルマップや京急本線前面展望等で位置関係を整理しておきましょう。
神奈川新町から品川方に1駅行ったところに子安があります。
子安から新町間にはカーブが存在し、新町手前まで続きます。
*子安~新町間はおよそ700m。

子安の出発信号機を抜けた後、次の閉塞信号はカーブを抜けた直後にあります。
しかも子安も待避線構造となっていること、架線柱が入り組んでいること、

IMG_4152


何より運転台が左側についていること、信号設備も線路の左脇に
設けられていることもあり、twitterでも指摘されている方がいましたが、
カーブを抜ける直前まで信号が見えにくい状況となっています。
*少なくとも450m程手前からでないと明確に視認するのは困難か?
となると非常ブレーキを投入しても回避するのはほぼ不可能?
**このあたりは物理専攻の方に試算していただければと思います。



IMG_0494

運転士に踏切の状況をいち早く知らせる特殊発光信号機、所謂特発というものも
存在します。この画像では左側、白色電光が縦2つに光っているのがそれです。

異常発生時には赤色灯が発光します。

京急ではこの赤色灯が出た時点で運転士自ら非常制動措置を
取る必要があります。自動ブレーキ機能が備わっていないためです。
*これとは別にATS由来の非常ブレーキが存在するが、踏切に対しては
連動していなかったとのこと。


しかも当該区間は路線最高速度120㎞/h前後で走行するということもあり、
恐らく特発を視認した時点で非常ブレーキをかけても、衝突時の
被害をある程度軽減するに留まったのかと思われます。


なお、自動ブレーキの採用をしていない理由として、京急本社は
「橋梁・火災現場付近での緊急停車は逆に危険である」ことを理由に
挙げています。

これに関しては確かにその通りです。地震・水害発生時に橋梁上にとどめるのは
非常に危険です。また、火災現場付近の停車は、小田急や国鉄が以前示したように、
被害がより拡大する可能性を秘めています。これに対して直接何か言うことは
避けたいと思います。


また、京急では川崎より西側はまだ地上区間も多く、踏切の数も多いです。
しかも神奈川新町の場合、新町車庫があることから簡単に立体交差化に踏み切ることも
難しくなっています。


IMG_6451

そこで提案したいのが、阪急電鉄がやっているような保安装置です。
とはいってもC-ATSを導入している京急に阪急型ATSを入れろというのではなく、
踏切上の障害物を検知した時に限って阪急と同じような動作を行うというものです。


IMG_9013


というのも、阪急では障害物を検知、恐らく非常停止ボタンも絡んでいるのでしょうが、
特発が出ると信号照査が減速を指示し(注意信号か停止信号かは分かりませんが、強制的に
信号が切り替わります)、自動的に指定された速度までブレーキがかかります。
*このために2300・3000・3100・3300・5000・5100は非常ブレーキに限り
電気指令式化改造した位。


結果論でものを言うのは批判の的になるかもしれませんが、
少なくとも神奈川新町の障検が作動した時点で非常ブレーキがかかる仕組みになっていれば、
恐らくあそこまでの大惨事はもしかしたら防がれたのではないかと推測します。


2008 0903-1京急黄金町(1)25


ただでさえJRと競合区間にある京浜間において住宅地の合間を縫うように120㎞/h運転を
常時実施する京急。

蒲田など、川崎よりも東側では高架化が進んでいますが、車庫が併設されているという
特殊な事情もありなかなか高架化の実現が難しい西側。

踏切の数も決して少ないわけではありません。

今後同様の事故をなるべく起こらないようにしようと思うと、
人の手だけでなく、あくまで補助という形であれ自動的に
速度を下げられるように改良することも今後検討材料に
入れても良いのではないかと考えます。


2007 1025-1京急立会川179_1


重ねて言いますが、別に管理人は京急の非常時の対応を手動で行うことは
批判するつもりはありません。非常時にはどうしても機械側には予想できない
動きをとることもあります。

あくまで突発的に発生した非常事態に対する対応について、
まだ改良の余地があるのではないかと指摘したまでです。



ネットやマスメディア界隈では

・120㎞/h運転自体がおかしい
・運転士が新人でまだ未熟だった

などの見当違いともいえる話が沸き上がっていますが、
今回この2つに関しては全く関係ないと考えるのが妥当でしょう。

IMG_4115

IMG_4823



住宅地近辺での高速走行は近鉄でも阪急でも平気で実施しています。

運転士の経験不足についても、子安~新町間の線形の悪さを
鑑みると軽々しく批判できるものではありません。


適当なことを発信して京急を批判する報道が相次いています。
*某鉄道評論家を筆頭に。

今後踏切での異常発生時にどう対処するかについて改良の余地があるのは
ここに書いた通りですが、少なくとも今回の件で京急側を痛烈に非難する理由は
見当たりません。


・運転士は距離の長短こそあれ非常停止措置を取った
・車体を軽量化しているとはいえ、先頭車両を電動車として、
運転台付近の車体強度を確保しておいたことで、乗客乗務員に死者が出なかった


この2点がそれを端的に示しているのもお分かりいただけるかと思います。

唯一、
・トラックの誘導を駅係員が補助していた

ことが気にかかりますが…
これらに関しては事故調査委員会の公式発表を待つほかありませんが、

120㎞/h運転を直接批判するのはもはやお門違いとしか言えず、
呆れて開いた口がふさがりません。

適当なことを言って炎上しないよう、今一度情報倫理を
頭に叩き込まなければならない。そう感じた一件でもありました。


最後までご覧いただきましてありがとうございました。
以下のリンクから他の鉄道会社に関する情報をチェックできます。


にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へにほんブログ村のバナーです。にほんブログ村私鉄・公営鉄道ランキングに飛びます。
にほんブログ村


鉄道コム鉄道コムバナーです。鉄道コムに飛びます。





イメージ 1

昨今、リクライニングシートで実際にリクライニング機能を使用するとき、
自席の後ろに他の乗客がいるという前提のもと、リクライニング機能を使用する旨を
伝えて確認をとるかとらないかで論争が巻き起こっています。


ぶっちゃけ、私はそんな車両をほとんど使わないので今のところ私には
ほぼ何の関係もありませんが、これに対する自分自身の考え方を
ある程度表明しておいた方がいいと思いますので、参考程度に
読んでいってください。


イメージ 2

これは確認をとっておいた方がいい、むしろとるべき事案です。
これははっきりと断言します。

周囲がどうこう言おうが確認をとる。これが最低限のモラルというものです。


イメージ 3

ここからは少し倫理的な話も絡みます。

リクライニング使用時に周囲に声をかけない方は、
十中八九孟子の唱えた性善説に基づいた行動をされていると思います。

これは周囲の人間すべてが善人であるという考え方で、
無断で傾けても相手は何も言ってこないだろうという心理に立った行動と言えます。



一方声をかける方は、荀子の唱えた性悪説に基づいたものと考えるのが
自然でしょう。

但し、周囲全員が悪人というくくりではなく、ここでいる性悪というのは
無断でリクライニング使用時に文句を言ってくるという意味でとらえてください。



全ての乗客が前者のパターンであるならば確認をとる必要はないかもしれませんが、
必ずしもそうではありません。後者の人間だっています。


だから事前に確認をとれと申し上げる次第です。

イメージ 4

リクライニングの使用が悪と言いたいわけではありませんが、
強固に権利を主張しすぎると、それこそトラブルの元です。

トラブルを引き起こすことなく円滑に事を進めようと思うならば、
予め確認をとるのが教科書通りの対応。


名指しはしませんが、確認を取ってくる方を痛烈に批判される方もいます。
恐らくその方々は性善説に則った行動を常々心掛けているという
ことですから、それはそれでありなのでしょう。


結びで一つ質問です。

素性の分からない他人に対して、貴方は何も気負うことなく
リクライニングができますか?



最後までお読みいただきましてありがとうございました。
退出ついでにクリックよろしくお願いします。




今回は、画質の向上を目的として以下の条件で録画試験を行いました。

使用ソフト

録画:ロイロゲームレコーダー

動画編集:ゆっくりムービーメーカー、Aviutl、Windows Live ムービーメーカー

サイズ 720p(1280×720)



見た感じだと、それまでの動画よりも若干画質は上がっていると思います。

ぜひご覧ください。

 ↑ Youtubeチャンネルです。

名前は「nahakyu1622」となっています。

ぜひ他の動画もご覧ください。


イメージ 1

2017年を迎えました。明けましておめでとうございます。

本年ともよろしくお願いします。

                            上六快急8620

4月の熊本地震に始まり、8月9月のリオ五輪、そして12月の安倍総理の真珠湾訪問。

激動の1年だった2016年も、間もなく終わろうとしています。

イメージ 1

主も今年は中学を卒業し、高校へ入学するなど、

激動の1年でありました。


その中でも、主の投稿する記事を楽しみにし、支援していただいた皆様には
大変感謝しております。

2017年も、試験の影響で更新が滞ったりはするかもしれませんが、

関西私鉄の魅力というものを皆さんに発信するべく、精進してまいりますので、

これからもよろしくお願いいたします。


この1年、誠にありがとうございました。
                             上六快急8620

なお、元日24時から始まる終夜更新にもご期待ください。

本日は、1時間当たり3記事を投稿いたします。

4時30分まで行います。


                          

いやぁ参りましたよ。

鉄活動中にまさか病魔に侵されるとは。



先日よりしばらくしていなかったブログ更新ですが、本日より再開します。

暫くは撮影記の更新が続きます。

次回の更新は、

12/21の0:10AM・0:35AMごろになりそうです。

お楽しみに!

イメージ 1

中学を卒業し、高校に入学して半年が経つ。


今、同期は何をしているだろうか?

イメージ 2

恐らく、部活や仲間づくりといった、青春時代を謳歌しているのだろう。

私は事実そうかと言われると、そうでもない。


確かに私にも友達や部活の先輩とのかかわりは持った。

だが、それ以上に満たされぬものがある。


自分は基本一人でいる方が好きで、勉強も極力一人、誘っても親しい友達と2人で
ということしかできず、なぜか仲間づくりが不完全な気がしてならないのだ。


苦手意識ではないが、やはり一瞬でも孤独を感じようとする心があるのか、
やはりよくわからない。



城郭の
石垣の下
集まりて

我が心満たさぬ
堀の水哉

6月の訪問者数ですが、

5月よりも再び減少しており、

8689人(先月比3058人減)でした。


やはり投稿数が減少しているのが直接要因ですかね・・・・。

本当は大目に更新したいんですけどね…。


それでは。

↑このページのトップヘ